そもそも○○って?【時事ワード解説】

こども家庭庁

 子ども政策の司令塔として設置された官庁。厚生労働省や内閣府の担当部局を統合し、少子化やいじめなど子どもを取り巻く課題に省庁横断的に対応する。内閣府外局の首相直属機関と位置付け、担当相は他省庁への勧告権を持つ。職員は430人体制で、他省庁との調整役を担う「長官官房」、子ども全般の育ちを支える「成育局」、虐待といった困難を抱える子どもや家庭を支援する「支援局」を設ける。(2023年03月31日)

◇少子化対策の最新記事を読む

 政府は28日、4月に発足するこども家庭庁の幹部人事を発表した。初代長官には、厚生労働省出身で内閣官房こども家庭庁設立準備室長を務める渡辺由美子氏を起用する。発令は4月1日付。(2023年03月28日)

関連記事

「異次元」の少子化対策、問われる本気度 働き方改革、今度こそ?【けいざい百景】

少子化対策、若者の格差埋めよ 中央大・山田昌弘教授に聞く【政界Web】

「出産はぜいたく?」2人目の壁 ◆いよいよ踏み込まれた「第3のアクセル」【時事ドットコム取材班】

時事通信ニュース

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ