時事通信とは

円
円
円
円
円
円
円
円

人事部長コラム

通信社あれこれ

3

銀座の住人

今回は本社社屋(本社ビル)を紹介します。

画像

銀座東急ホテルの跡地に建設されました。竣工(しゅんこう)式が2003年11月19日ですから、時事通信社が銀座の住人になってはやくも15年の年数が経ちました。以前の本社は日比谷公園の市政会館内にありました。非常にレトロな外観に味があって個人的には好きでしたが、システム設備が古く、お世辞にも使い勝手が良いとはいえませんでした。現社屋はもちろんそんなことはなく、銀座のランドマークの一つとして地域の皆さんや観光客などから愛されています。

本社はガラス張りの13階建て。このうち時事通信社が8階までを占め、編集局や業務局、総務局などが各階に分かれて入っています。2階には最大300席以上が入るホールもあり、社内関連行事のほか、セミナーやイベントなどで利用されています。

それ以外の階はテナントに貸し出しており、1階の高級鉄板料理店と某コーヒーチェーン店は連日、お客さんでにぎわっています。ちなみに、大の肉好きであるトランプ米大統領が2年前に来日した際、安倍晋三首相がこの鉄板料理店でもてなし、大統領もおおいに喜んだとされています。

最上階の13階からは銀座の高層ビル群や歌舞伎座の屋上庭園などがよく見えます。まばゆく輝く夜景も一見の価値があります。この階には「ラウンジ」があり、ランチ時には社員のほか、外部の方も利用しています。社員割引もあってお得です。夜はアルコールも飲めます。

いわゆる大手マスコミの中で、本社の所在地が銀座となっているのは時事通信社だけです。仕事帰りの銀ブラも可能です。たかが社屋、されど社屋―。時事通信社はこの地でさらに成長・発展していきます。良かったら銀座での歴史を一緒につくってみませんか。