時事通信とは

円
円
円
円
円
円
円
円

時事通信の事業

時事通信社の仕事を一言で表現すると「ニュース・情報を顧客に届けること」ですが、事業分野は幅広く、取り扱うニュース・情報も顧客、読者もさまざま。いわば「ニュースの総合商社」です。

事業は大きく分けて以下の3つの分野で構成されています。

金融・証券・商品・行政

専門性が高く実務に役立つコンテンツをそれぞれの分野のプロに届ける実務情報サービス。


金融、証券市場の動きから工業品、穀物、水産品などの商品相場、中央省庁や地方自治体の動向などあらゆるニュースを企業や官公庁、各種団体など幅広い読者に発信しています。

一例を挙げれば、インターネット行政情報モニター「iJAMP」。各行政機関の動きに加え、政治、経済、社会ニュースをリアルタイムで提供。人事データベースなど政策決定や運営に役立つコンテンツも豊富に用意され、中央省庁や地方自治体で働く多くの行政マンに活用されています。

マスメディア

全国紙、ブロック紙、地方紙などの新聞社やNHK、民放キー局など約140の契約メディアに向け日々ニュースを配信。


国内78カ所、海外28カ所の取材拠点、さらに海外の提携通信社などから集まる政治、経済、社会、文化、スポーツ、さらに事件や事故などのニュース、写真を時々刻々、迅速に配信しています。正確な速報やコンパクトで分かりやすい切り口の報道は内外から高い評価を得ています。

日々のニュース以外にも解説記事やコラム、シニア情報、メディカルニュース、こどもニュース、おしゃれ通信など読者を絞ったメニューもそろえ、契約メディアの期待に応えています。

デジタルメディア

インターネットの普及とともに急成長している事業分野。自社サイト、ポータルサイト、SNSなどネットメディア向け需要が大きく拡大。


2000年にスタートした自社サイト時事ドットコムは日々のニュースに加えオリジナルコンテンツも充実。ページビューも着実に増えており、PCだけでなくスマートフォンでもニュースチェックができます。

自社サイト以外にも、YAHOO!などのポータルサイト、SNS、金融機関や空港、駅などのニュースボードでも時事通信のニュースや画像を見ることができます。また需要の拡大に対応して動画配信サービスにも力を入れているほか、YAHOO!と提携し人工知能(AI)を搭載したスマートスピーカー向けの音声ニュースの配信を行っています。