イングランド代表:サッカーロシアW杯2018

出場国紹介|FIFA WORLD CUP 2018

特集へ

国旗イングランド

日程・結果

イングランド代表(日本時間)

ラウンド 1

2018年6月19日

試合終了 チュニジア 1 - 2 イングランド
ボルゴグラードアリーナ マッチページ

2018年6月24日

試合終了 イングランド 6 - 1 パナマ
ニジニ ノブゴロドスタジアム マッチページ

2018年6月29日

試合終了 イングランド 0 - 1 ベルギー
カリーニングラードスタジアム マッチページ

ベスト16

2018年7月4日

延+PK コロンビア 1 - 1 イングランド
スパルタクスタジアム マッチページ
イングランド PK勝利 4-3

準々決勝

2018年7月7日

試合終了 スウェーデン 0 - 2 イングランド
サマーラアリーナ マッチページ

準決勝

2018年7月12日

クロアチア 2 - 1 イングランド
ルジニキスタジアム マッチページ

3位決定戦

2018年7月14日

試合終了 ベルギー 2 - 0 イングランド
サンクトペテルブルクスタジアム マッチページ

登録選手一覧

ポジション

P

GK

背番号

1

名前

ジョーダン・ピックフォード

所属クラブ

エバートン

ポジション

P

GK

背番号

13

名前

ジャック・バトランド

所属クラブ

ストーク

ポジション

P

GK

背番号

23

名前

ニック・ポープ

所属クラブ

バーンリー

ポジション

P

DF

背番号

2

名前

カイル・ウォーカー

所属クラブ

マンチェスター・シティー

ポジション

P

DF

背番号

3

名前

ダニー・ローズ

所属クラブ

トットナム

ポジション

P

DF

背番号

5

名前

ジョン・ストーンズ

所属クラブ

マンチェスター・シティー

ポジション

P

DF

背番号

6

名前

ハリー・マグワイア

所属クラブ

レスター

ポジション

P

DF

背番号

12

名前

キーラン・トリッピアー

所属クラブ

トットナム

ポジション

P

DF

背番号

15

名前

ガリー・ケーヒル

所属クラブ

チェルシー

ポジション

P

DF

背番号

16

名前

フィル・ジョーンズ

所属クラブ

マンチェスター・ユナイテッド

ポジション

P

DF

背番号

17

名前

ファビアン・デルフ

所属クラブ

マンチェスター・シティー

ポジション

P

DF

背番号

18

名前

アシュリー・ヤング

所属クラブ

マンチェスター・ユナイテッド

ポジション

P

DF

背番号

22

名前

トレント・アレクサンダーアーノルド

所属クラブ

リバプール

ポジション

P

MF

背番号

4

名前

エリック・ダイアー

所属クラブ

トットナム

ポジション

P

MF

背番号

7

名前

ジェシー・リンガード

所属クラブ

マンチェスター・ユナイテッド

ポジション

P

MF

背番号

8

名前

ジョーダン・ヘンダーソン

所属クラブ

リバプール

ポジション

P

MF

背番号

20

名前

デリ・アリ

所属クラブ

トットナム

ポジション

P

MF

背番号

21

名前

ルーベン・ロフタスチーク

所属クラブ

チェルシー

ポジション

P

FW

背番号

9

名前

ハリー・ケーン

所属クラブ

トットナム

ポジション

P

FW

背番号

10

名前

ラヒーム・スターリング

所属クラブ

マンチェスター・シティー

ポジション

P

FW

背番号

11

名前

ジェイミー・バーディー

所属クラブ

レスター

ポジション

P

FW

背番号

14

名前

ダニー・ウェルベック

所属クラブ

アーセナル

ポジション

P

FW

背番号

19

名前

マーカス・ラッシュフォード

所属クラブ

マンチェスター・ユナイテッド

(P=ポジション、背=背番号)

展望

上昇ムードも8強が限界か
写真
予選のスロベニア戦で得点を喜ぶケーン。イングランドの若き点取り屋だ【AFP時事】

 前回は1次リーグで敗退し、2016年ユーロも伏兵アイスランドに屈して16強で姿を消した。優勝経験国の中で、最も栄冠から遠い存在となりつつある。

 今W杯の予選は8勝2分けと危なげなく突破した。しかし、個々の試合を冷静に見れば相手を圧倒した戦いは少なく、もどかしい展開が多かった。近年育成に力を入れ、17年の17歳以下W杯を初制覇。現代表でも前線のケーンをはじめ、スピードのあるスターリング、アリ、ラッシュフォード、ヘンダーソンらMF、FWを中心に多くの若手が伸びてきた。とりわけ、24歳のケーンはプレミアリーグで前シーズンまで2季連続で得点王に。冷静なプレーで決定機を逃さず、自ら持ち込んでゴールをこじ開ける。最近はリーダーとしての風格も出始め、W杯でキャプテンマークを巻く可能性も十分ある。

 しかし、代表でもクラブでも世界のトップ級と言えるレベルに達している選手は皆無。長くエースだったルーニーが代表を退き、国際的なビッグネームは存在しないと言っていい。楽しみな若手の中から、さらに上のレベルへ飛躍するような存在が何人出てくるか。伝統的に好選手が多かったセンターバックではストーンズが軸となるものの、以前より層が薄い。W杯初陣のサウスゲート監督も強豪相手の戦いは経験不足だ。

 現実的には、次の主要国際大会に向け、どこまでいい経験が積めるかが問われる戦いになるだろう。1次リーグ突破は有力だが、現実的には8強が目標か。決勝トーナメントに入れば、PK戦における伝統的な弱さを克服できるかどうかも大きな課題だ。

出場歴

6大会連続15度目

最高成績

優勝(1966年)

FIFAランク

12位

監督

サウスゲート

首都

ロンドン

人口

(英国は6600万人)

(FIFAランキングは2018年6月7日発表時点)

話題のニュース

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ