韓国代表:サッカーロシアW杯2018

出場国紹介|FIFA WORLD CUP 2018

特集へ

国旗韓国

日程・結果

韓国代表(日本時間)

ラウンド 1

2018年6月18日

試合終了 スウェーデン 1 - 0 韓国
ニジニ ノブゴロドスタジアム マッチページ

2018年6月24日

試合終了 韓国 1 - 2 メキシコ
ロストフアリーナ マッチページ

2018年6月27日

試合終了 韓国 2 - 0 ドイツ
カザンアリーナ マッチページ

選手プロフィル

登録選手一覧

ポジション

P

GK

背番号

1

名前

金承奎

所属クラブ

神戸(日本)

ポジション

P

GK

背番号

21

名前

金鎮鉉

所属クラブ

C大阪(日本)

ポジション

P

GK

背番号

23

名前

趙賢祐

所属クラブ

大邱

ポジション

P

DF

背番号

2

名前

李鎔

所属クラブ

全北

ポジション

P

DF

背番号

3

名前

鄭昇炫

所属クラブ

鳥栖(日本)

ポジション

P

DF

背番号

4

名前

呉反錫

所属クラブ

済州

ポジション

P

DF

背番号

5

名前

尹栄善

所属クラブ

城南

ポジション

P

DF

背番号

6

名前

朴柱昊

所属クラブ

蔚山

ポジション

P

DF

背番号

12

名前

金民友

所属クラブ

尚州尚武

ポジション

P

DF

背番号

14

名前

洪喆

所属クラブ

尚州尚武

ポジション

P

DF

背番号

19

名前

金英権

所属クラブ

広州恒大(中国)

ポジション

P

DF

背番号

20

名前

張賢秀

所属クラブ

FC東京(日本)

ポジション

P

DF

背番号

22

名前

高ヨハン

所属クラブ

FCソウル

ポジション

P

MF

背番号

8

名前

朱世種

所属クラブ

牙山

ポジション

P

MF

背番号

10

名前

李承佑

所属クラブ

ベローナ(イタリア)

ポジション

P

MF

背番号

13

名前

具滋哲

所属クラブ

アウクスブルク(ドイツ)

ポジション

P

MF

背番号

15

名前

鄭又栄

所属クラブ

神戸(日本)

ポジション

P

MF

背番号

16

名前

奇誠庸

所属クラブ

スウォンジー(イングランド)

ポジション

P

MF

背番号

17

名前

李在成

所属クラブ

全北

ポジション

P

MF

背番号

18

名前

文宣民

所属クラブ

仁川

ポジション

P

FW

背番号

7

名前

孫興民

所属クラブ

トットナム(イングランド)

ポジション

P

FW

背番号

9

名前

金信煜

所属クラブ

全北

ポジション

P

FW

背番号

11

名前

黄喜燦

所属クラブ

ザルツブルク(オーストリア)

(P=ポジション、背=背番号)

展望

厳しいグループ、苦戦は覚悟
写真
予選のウズベキスタン戦で相手DFに囲まれるFW孫興民。イングランドでも活躍する存在だ【AFP時事】

 「アジアの雄」の一角として、予選は苦しい戦いぶりだった。最終予選の2試合を残したところでドイツ人のシュティーリケ監督を解任。何とかA組2位を確保してW杯切符を手にした。

 9大会連続出場の中でも、かなり苦しい布陣だろう。アジア最終予選は4勝3分け3敗。11得点、10失点と際どい戦いの連続。かつてほど相手を圧倒することはできなかった。

 その中で前線の孫興民はイングランドのトットナムでプレーし、スピードとシュート力を兼ね備えた期待の存在だ。予選でチーム最多の7ゴール。少ない好機をどう生かすか。パスで中盤を組み立てる長身MF奇誠庸、実績のあるMF具滋哲への期待も大きい。上位勢を脅かすには守備の整備が欠かせない。F東京に所属、1対1で粘り強さを発揮する張賢秀を中心にどう粘り、競り合いに持ち込めるか。

 優勝候補のドイツ、大崩れしないメキシコ、スウェーデンと、厳しいグループに入った。1次リーグ突破は非常に難しい。結果を気にせず、目の前のプレーに集中して戦い続けるしかあるまい。スウェーデン、メキシコにどこまで食い下がることができるか。特に初戦の対スウェーデンが命運を懸けた戦いになるだろう。

出場歴

9大会連続10度目

最高成績

4位

FIFAランク

57位

監督

申台龍

首都

ソウル

人口

5100万人

(FIFAランキングは2018年6月7日発表時点)

話題のニュース

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ