[年表] モントリオール五輪日本人メダリスト

モントリオール五輪メダリスト
1976年開催『第21回モントリオール大会』の日本人メダリストをまとめました。

モントリオール大会

1976年(昭和51年)開催期間:7月17日~8月1日(カナダ)

日本は金9、銀6、銅10のメダルを獲得した。体操男子団体総合の日本は、エース笠松茂が現地入り後に急性虫垂炎を起こして欠場。演技開始後にも藤本俊が負傷する大ピンチ。残り2種目を5人ぎりぎりで戦い抜き、奇跡の5連覇を遂げた。種目別では塚原光男が鉄棒、加藤沢男が平行棒で連覇。女子バレーボールはエース白井貴子らを擁し、宿敵ソ連を圧倒して東京五輪以来の金メダルを獲得した。柔道では上村春樹が日本で初めて無差別級を制覇。本家がようやく「世界最強」の座についた。外国勢では女子体操で14歳のナディア・コマネチ(ルーマニア)が五輪史上初の10点満点を連発し、個人総合など3冠を獲得した。

五輪ヒストリー 1976年 モントリオール

金メダリスト※あいうえお順に掲載しています
モントリオール五輪金メダル

金メダル [9] 銀メダル 銅メダル
上村 春樹 柔道 無差別級
加藤 沢男 体操 男子種目別平行棒
園田 勇 柔道 中量級
高田 裕司 レスリング フリースタイル52キロ級
伊達 治一郎 レスリング フリースタイル74キロ級
塚原 光男 体操 男子種目別鉄棒
二宮 和弘 柔道 軽重量級
男子日本チーム 体操団体総合
女子日本チーム バレーボール 

銀メダリスト※あいうえお順に掲載しています
モントリオール五輪銀メダル

金メダル 銀メダル [6] 銅メダル
加藤 沢男 体操 男子個人総合
蔵本 孝二 柔道 軽中量級
監物 永三 体操 男子種目別あん馬/鉄棒
塚原 光男 体操 男子種目別跳馬
道永 宏 アーチェリー

銅メダリスト※あいうえお順に掲載しています
モントリオール五輪銅メダル

金メダル 銀メダル 銅メダル [10]
荒井 政雄 レスリング フリースタイル57キロ級
安藤 謙吉 重量挙げ バンタム級
遠藤 純男 柔道 重量級
梶山 広司 体操 男子種目別跳馬
工藤 章 レスリング フリースタイル48キロ級
菅原 弥三郎 レスリング フリースタイル68キロ級
塚原 光男 体操 男子個人総合/種目別平行棒
平井 一正 重量挙げ フェザー級
平山紘一郎 レスリング グレコローマン52キロ級

PAGE TOP

このページは、時事通信社が配信した写真をまとめたものです。

[写真] 時事通信フォト
当サイトでは、全てのページの掲載内容・テキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ