プロ野球経営事情

減り続ける放映権料
=「脱地上波」戦略を=

3/12
視聴率が低迷する巨人戦。原監督も渋い顔? (2010/10/23)【時事通信社】

視聴率が低迷する巨人戦。原監督も渋い顔?
(2010/10/23)【時事通信社】

 かつてプロ野球中継は、テレビ局にとってゴールデンタイムの主力番組だった。球団に入る放映権料収入も大きかったが、今では収入に占める割合が激減するなど、放映権ビジネスは大きな変わり目を迎えた。

 Jリーグなどの一括管理と違い、プロ野球は球団ごとにテレビ局と交渉して放映権を売る。TBSを親会社に持つ横浜は、ピーク時に放映権で年間30億円近い収入があったが、回数と1試合ごとの放映権料が減り、今や6億円程度。笹川博史取締役は「シーズン入場券と前売り・当日入場券、放映権料が収入の3本柱だった。今は放映権料が崩れかけている」と言う。

 1試合1億円を超えていた巨人戦も、下落が続いている。ビデオリサーチによると、2010年の巨人戦ナイター(地上波)の年間平均視聴率(関東地区)は8.4%で過去最低。巨人の桃井恒和球団社長は「放映権料が下がらないよう努力するしかないが、下げ圧力は増えてくる」とみる。阪神も同様で、「昔は各局が『時間枠はどこでも空ける』などと言っていたが、今はこちらから『買ってください』と言う必要も出てきている」(酒井清史営業部長)。

 半面、日本テレビの「G+」やTBSの「ニュースバード」などのCSチャンネルはプロ野球を柱として加入者数が伸びている。内容にも、熱心なファンを意識した工夫がうかがえる。民放キー局のプロデューサーは「野球というコンテンツには有料でも見たいという強い魅力があり、視聴形態が地上波からCSやインターネットに分散している」と話し、番組の作り手も球団も「脱地上波」の戦略が必要だと指摘する。

(取材・プロ野球取材班、文・飯塚大輔)

次は>> パが挑む映像市場開拓

▲このページのトップへ

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ