会員限定記事会員限定記事

うるう秒ってな~に?~時間の不思議~

7月1日は1秒長い!

 今年の7月1日は、いつもの1日より1秒長くなる。というのも、「うるう秒」と呼ばれる1秒が加わるからだ。

 「2015年7月1日。午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に、うるう秒『午前8時59分60秒』が挿入されます」-。国立研究開発法人「情報通信研究機構(NICT)」からその発表があったのは今年1月。「うるう年」ならなじみがあるが、「うるう秒」とは耳慣れない響きではないだろうか。

 NICTによると、うるう秒は、原子の動きに基づく高精度な時刻「原子時」と地球の自転に基づく時刻「天文時」との間に生じるずれを調整するためのもの。この調整は1972年に始まり、1年から数年に1度のペースで行われてきた。前回は2012年7月1日に実施されており、今回で26回目となる。

 たかが1秒、されど1秒。時刻に連動しながら動いているテレビやパソコンなど、日常的に使っている機器に影響はないのだろうか?

新着

会員限定

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ