猫腎臓病治療薬に寄付殺到、愛猫家の熱意受け、開発再開へ 作家・瀬名秀明氏と宮崎徹・東大大学院教授が対談

IgM五量体から外れない猫のAIM分子の模式図[宮崎徹教授提供]【時事通信社】

【この写真の記事へ】

猫腎臓病治療薬に寄付殺到、愛猫家の熱意受け、開発再開へ 作家・瀬名秀明氏と宮崎徹・東大大学院教授が対談 フォトギャラリー

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ