特集 マスターズゴルフ

名手(8)帝王

 ジャック・ニクラウス(米国)
 マスターズでは優勝6度。現行のメジャーで最多の通算18勝を誇る。1940年1月21日、米オハイオ州コロンバス生まれ。59、61年と全米アマを制し、62年にプロへ転向。同年の全米オープンでアーノルド・パーマーをプレーオフの末に破り、プロ初勝利をメジャーで飾った。63年にはマスターズと全米プロに勝ち、66年全英オープンの勝利で現行メジャーすべてに勝つ生涯グランドスラムを26歳で達成した。

 若いころは太めの体形にいかつい風貌。強過ぎて憎まれ、人気者パーマーのライバルとして、むしろ敵役的な存在だった。70年代に入り、髪を伸ばし、減量にも成功してイメージを一新。「ゴールデン・ベア(金色のクマ)」の愛称とともに、ファンに愛される国民的ヒーローへの道を歩むことになった。

 46歳で最年長優勝を果たした86年のマスターズの逆転勝利はゴルフファンにはあまりにも有名。マスターズ優勝6度は最多記録、全米オープンの優勝4度と全米プロの優勝5度はいずれも最多タイ記録。米ツアーでは歴代2位の通算73勝を挙げ、賞金王8度、年間最優秀選手5度。「帝王」と呼ばれ、74年に世界ゴルフ殿堂入りした。

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ