軍用機ミュージアム

F16 主翼と機体が一体化

 F16の外見で特徴的なのは、主翼と機体が一体的に融合したブレンデッド・ウイング・ボディと呼ばれる形状。空気抵抗が少ないため、機動性が高まるだけでなく、速度はもちろん燃費効率も向上する。開発に当たり、MIG17、MIG21といったソ連製の小型戦闘機並みの機動性を求められた結果だが、低空での運動性、安定性も高まり、F16がマルチロール機へ成長する上でも役立った。C/D型のブロック40と呼ばれる生産タイプには夜間低高度飛行能力が付与され、「ナイト・ファルコン」と名付けられた。

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ