フィギュアスケート観戦講座

フィギュア事件簿

(3)お騒がせ女、ハーディング(その1=ケリガン襲撃事件)
 1994年1月、リレハンメル五輪の代表選考会を兼ねた全米選手権の会場で、練習を終えたナンシー・ケリガン(米国)が何者かに殴打される事件が発生した。
 92年アルベールビル五輪銀メダリストのケリガンは膝を負傷して全米選手権を欠場、ケリガンの有力なライバルだったトーニャ・ハーディング(米国)がこの大会で優勝を果たし、五輪代表切符を手にした。ハーディングは91年の全米選手権でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功し、女子では伊藤みどりに次ぎ2人目の快挙を成し遂げている。
 ところがその後、襲撃事件は前代未聞のスキャンダルに発展した。ハーディングの元夫らが容疑者として逮捕されたのだ。ハーディングが裏で画策したのではないかとの疑惑が膨らみ始めた94年2月、元夫がハーディングに不利な証拠とともに司法取引を受け入れた。米国フィギュアスケート協会と米五輪委員会はハーディングを五輪代表チームから追放しようとしたが、ハーディングは法的措置をほのめかして強引に代表の座に留まった。
 全米選手権で2位に入ったミシェル・クワンがハーディングとともにリレハンメル五輪代表に一時選ばれたが、その後、特例でケリガンが五輪代表となり、クワンは補欠に回った。「悪役」ハーディングと、「悲劇のヒロイン」ケリガンという構図はリレハンメル五輪までそのまま続くことになった。

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ