ホストタウン情報(東京五輪・パラリンピック)

ホストタウン情報

東京五輪・パラリンピック

関連ニュース

テコンドーチームが事前合宿=石川県穴水町

2019/09/10

※記事などの内容は2019年9月10日配信時のものです

画像
子どもたちと交流するテコンドーのロシア代表チーム=8日、石川県穴水町(同町提供)

 石川県穴水町で9月3日から、テコンドーのロシア代表チームの合宿が開催されている。13日から千葉県で行われる国際大会に向けた事前合宿だが、来年のオリンピック・パラリンピックの際にも事前合宿が行われるため、地域環境や気候に慣れる目的も込められている。

 町は石川県と共にロシアの五輪・パラリンピックテコンドーチームのホストタウンに登録されている。テコンドーは特別な施設整備の必要性がないことから、既存の武道館にテコンドー用のマットを敷いて利用している。

 今回訪れた選手団は総勢23人で、4日には石川宣雄町長を表敬訪問。8日には地元住民との交流イベントが開催され、テコンドーのデモンストレーションや子どもたち向けの体験会が行われた。子どもたちだけでなく選手からも好評だったという。

 滞在は11日までの予定。来年行われる事前合宿に向けて、教育委員会の担当者は「まずはロシアの紹介や、障害者スポーツの意義などを学んでいけたら」と話している。

〔小結遠藤の出身地。カキの養殖が有名で、毎冬「かき祭り」が開催されている〕

話題のニュース

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ