0

10

14

ノバク・ジョコビッチ

1強証明する五輪制覇
=無敵のジョコビッチ=

 ここ数年の男子テニスでは、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の充実ぶりが際立っている。世界ランキングは2014年7月から1位を維持し、ツアー獲得ポイントでは2位のアンディ・マリー(英国)に倍近い大差をつけている。四大大会でも昨年のウィンブルドン選手権から4大会連続優勝。29歳は今、絶頂にある。
 「テニスを心の底から愛しているし、それがモチベーションになっている」。ライバルの存在ではなく、高みを追求する姿勢がトップで居続けられる理由の一つだ。
 今季、積年の思いを果たした。これまで何度もはね返されてきた全仏オープンを初めて制覇。決勝では巧みなストロークでマリーを寄せ付けず、悲願の生涯グランドスラムを達成した。
 無敵の王者にとって、リオデジャネイロ五輪の金メダルは残された最後の栄冠となる。08年北京は銅メダル、12年ロンドンは3位決定戦で敗れた。初めて世界1位として臨む五輪は自らの力を証明する場になる。「五輪では経験したことのない感情を味わえる。それは素晴らしい感情なんだ」と並々ならぬこだわりを見せている。
 成功体験を重ねた今、「人生で達成できないことはない」と胸を張って言い切る。3度目の挑戦で金メダルをつかめば、その信念はさらに深まるだろう。(写真はEPA=時事)

ウサイン・
ボルト
ケイティ・
レデッキー
リディア・コー
ノバク・
ジョコビッチ
ネイマール

話題のニュース

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ