0

10

14

ケイティ・レデッキー

世界が驚く抜群の強さ
=複数の金狙うレデッキー=

 4年前のロンドン五輪。15歳で頂点に駆け上がった競泳女子自由形のケイティ・レデッキーは、米国女子のエースに成長して帰ってくる。リオデジャネイロ五輪では、一段と力強くなった泳ぎで複数の金メダルを狙う。
 米国選手団最年少で出場した前回、最も得意とする800メートルで優勝。無名だった少女が一躍スターになり、「金メダルが取れるなんて思っていなかった。でも、取っちゃった」とあどけない顔で喜んだ。2013年の世界選手権では個人3種目で勝ち、改めて実力を証明。その後も自身の世界記録を更新し続けた。
 持ち前のスタミナに加えてスピードを磨き、昨年の世界選手権では800メートルで世界記録を3秒以上縮めた。さらに200メートル、400メートルと非五輪種目の1500メートルも制し、個人種目で史上初の自由形4冠を遂げた。
 リオ五輪では金メダルを幾つ手にするかが注目を集めているが、「15歳のときの私のように、どんな選手が出てくるか分からない。目の前のレース、今やるべきことに集中するだけ」と気を緩めない。
 学業にも熱心に取り組み、リオ五輪が終われば、名門スタンフォード大に進学するという19歳。「わくわくしている。水泳が大好きだし、挑戦するのはすごく楽しい」。2度目の舞台で、再び世界を驚かせる強さを見せてくれそうだ。(写真は時事通信社)

ウサイン・
ボルト
ケイティ・
レデッキー
リディア・コー
ノバク・
ジョコビッチ
ネイマール

話題のニュース

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ