図解

【図解・社会】8月6日の最高気温上位5地点(2018年8月)

8月6日の最高気温上位5地点

岐阜・下呂で41度=史上2番目、猛暑続く-気象庁

※記事などの内容は2018年8月6日掲載時のものです

 日本列島は6日、東・西日本を中心に晴れて気温が上昇し、最高気温が35度以上の猛暑日となるところが相次いだ。気象庁によると、岐阜県下呂市(金山)で41.0度を観測し、高知県四万十市(江川崎)と並ぶ観測史上2番目の高さとなった。
 岐阜県の多治見市で40.4度、美濃市で40.3度を記録。名古屋市でも39.4度を観測した。
 7日は東北から関東にかけて雨が予想されるが、東海から九州では最高気温が35度以上と見込まれる所もあり、気象庁は高温注意情報を発表し熱中症に警戒を呼び掛けた。  8月中は東・西日本で気温が高い状態が続く見通しで、気象庁は6日、農作物や家畜の管理にも注意を促した。東北から九州北部には、11~20日に平均気温がかなり高くなるとする異常天候早期警戒情報も出した。
 主要都市の7月9日から8月5日までの平均気温は次の通り(単位は度、カッコ内は平年を上回った幅)。
 新潟28.2(3.0)▽名古屋30.7(3.6)▽東京都心29.1(3.4)▽広島30.6(2.8)▽大阪30.5(2.4)▽福岡29.9(2.1)▽高松30.3(2.6)。 

図解・社会

  • 事件・事故(消費者問題含む)
  • 警察・治安(交通・調査含む)
  • 情報・通信(調査含む)
  • 災害・気象(防災含む)
  • 裁判
  • 運輸・交通
  • 健康・医療・科学
  • 安全・危機管理(原発含む)
  • 教育・宇宙
  • 皇室
  • 環境・自然・文化
  • 軍・自衛隊
  • 調査・社会一般・その他
  • 企業不正・疑惑

新着

会員限定

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ