図解

【図解・社会】東・西日本の大雨予想(2018年7月)

東・西日本の大雨予想

東・西日本、8日まで大雨=梅雨前線活発、厳重警戒-気象庁「早めに避難を」

※記事などの内容は2018年7月5日掲載時のものです

 東・西日本では5日、梅雨前線が停滞して活発となり、激しい雨が降った。西日本を中心に土砂災害警戒情報や避難勧告が相次いで発表され、大阪府茨木市や神戸市、京都市などの一部には避難指示が発令された。気象庁は8日ごろにかけ、記録的な大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水、低地の浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。
 兵庫県猪名川町では男性作業員3人が増水した水路に流され、消防本部によるとこのうち1人が心肺停止状態となった。
 気象庁の黒良龍太主任予報官は記者会見し、「偏西風に沿って梅雨前線が停滞し、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいる」と説明。「台風の接近と違い、どこで記録的な大雨になるか予想できない。自治体などの情報に注意し、早めに避難してほしい」と話した。落雷や竜巻・突風にも注意が必要という。
 高知県馬路村では5日午後3時40分までの24時間雨量が336.0ミリ、石川県白山市では269.5ミリに上った。 

図解・社会

  • 事件・事故(消費者問題含む)
  • 警察・治安(交通・調査含む)
  • 情報・通信(調査含む)
  • 災害・気象(防災含む)
  • 裁判
  • 運輸・交通
  • 健康・医療・科学
  • 安全・危機管理(原発含む)
  • 教育・宇宙
  • 皇室
  • 環境・自然・文化
  • 軍・自衛隊
  • 調査・社会一般・その他
  • 企業不正・疑惑

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ