図解

【図解・社会】75歳以上の運転免許保有者数の将来推計(2017年6月)

75歳以上の運転免許保有者数の将来推計

限定免許の導入検討へ=自動ブレーキ車など条件-高齢運転者対策で警察庁

※記事などの内容は2017年6月30日掲載時のものです

 高齢ドライバーによる交通事故防止対策をめぐり、警察庁は自動ブレーキやペダルの踏み間違い事故防止装置が搭載された「安全運転サポート車」などの運転を条件とする限定免許の導入に向けた検討を始める。30日に開催された政府の交通対策本部(本部長・加藤勝信内閣府特命担当相)の作業部会で、今後の取り組みとして報告した。
 同庁の有識者会議が同日、限定免許の導入検討を提言したのを踏まえ決定した。ただ、現時点で実用化されている自動ブレーキなどの安全技術はメーカーにより差があり、将来的な性能向上も想定される。事故防止効果を示す客観的データの蓄積も必要で、導入までには中長期的な議論が必要となる。
 また、より運転リスクが高まる80歳以上で違反を繰り返すドライバーに絞った実車試験の導入も検討。来年度中に、開発中の新たな視野検査を高齢者講習に試験導入するほか、運転免許センターなどで安全運転サポート車の試乗会を推進するなど普及啓発も図る。 

図解・社会

  • 事件・事故(消費者問題含む)
  • 警察・治安(交通・調査含む)
  • 情報・通信(調査含む)
  • 災害・気象(防災含む)
  • 裁判
  • 運輸・交通
  • 健康・医療・科学
  • 安全・危機管理(原発含む)
  • 教育・宇宙
  • 皇室
  • 環境・自然・文化
  • 軍・自衛隊
  • 調査・社会一般・その他
  • 企業不正・疑惑

新着

会員限定

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ