図解

【図解・社会】小室圭さんの略歴(2017年9月)

小室圭さんの略歴

小室さん略歴

※記事などの内容は2017年9月3日掲載時のものです

 1991年10月5日生まれ。横浜市出身。国立音大付属小学校、カナディアン・インターナショナルスクール、国際基督教大(ICU)卒業。ICU在学中、カリフォルニア大ロサンゼルス校に留学。神奈川県藤沢市観光協会が主催するコンテストで2010年度の「湘南江の島 海の王子」に選ばれる。銀行を経て、現在は正社員のパラリーガル(法律事務職員)として奥野総合法律事務所・外国法共同事業(東京都中央区)に勤務。一橋大大学院国際企業戦略研究科にも在籍し、経営法務を専攻している。趣味はバイオリン、スキー、料理。 

 ◇「真面目なムードメーカー」=「僕がいる」と母励ます-小室さん

秋篠宮家の長女眞子さま(25)と国際基督教大(ICU)在学中に出会い、5年にわたる交際を実らせた小室圭さん(25)は横浜育ちで、現在は母親と祖父と3人暮らし。知人らは「真面目で礼儀正しく、優しい性格」と口をそろえる。
 ICUで同級生だった藤山悠太郎さん(25)は「周りを笑わせることが好きなムードメーカー。1年時の僕の誕生日に山盛りの肉を載せたピザを持って現れ、みんなを和ませたこともある」と思い出話を披露した。貧血の友人を保健室までおぶって行ったり、複数の分野を専攻できる制度を利用したりするなど、「優しさと真面目さも兼ね備えていた」という。
 大学時代のアルバイト先、横浜市の仏料理店で一緒だった荒川優子さん(25)は「眞子さまと同じ大学という話を聞いた時は『すごいねー』と応じただけだった。でも、小室さんが『いい子なんだよ』と言っていたのは覚えています」とほほ笑んだ。バイト仲間の神鷹美貴さん(24)も「笑顔が爽やかでした」。
 小学5年までバイオリンを教えていた同市の山内純子さん(66)は今春、駅で突然、小室さんから「先生!」と声を掛けられた。「覚えていてくれて、うれしかった」と声を弾ませた。
 同市職員だった父敏勝さんは、小室さんが小学生の時に他界。仏料理店の元店主五井憲治さん(70)は、「僕がそばにいるから大丈夫」と励ましてくれたという話を母佳代さんから聞いただけでなく、アルバイト中に本人の口から「お母さんを守る」との言葉を耳にしたという。 

図解・社会

  • 事件・事故(消費者問題含む)
  • 警察・治安(交通・調査含む)
  • 情報・通信(調査含む)
  • 災害・気象(防災含む)
  • 裁判
  • 運輸・交通
  • 健康・医療・科学
  • 安全・危機管理(原発含む)
  • 教育・宇宙
  • 皇室
  • 環境・自然・文化
  • 軍・自衛隊
  • 調査・社会一般・その他
  • 企業不正・疑惑

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ