図解

【図解・社会】京都アニメーション第1スタジオの建物見取り図(2019年7月)

京都アニメーション第1スタジオの建物見取り図

京アニ火災、「爆燃現象」で急速拡大か=らせん階段、煙突の役割-専門家

※記事などの内容は2019年7月19日掲載時のものです

 京都アニメーションのスタジオ火災で身柄を確保された男は、1階出入り口付近でガソリンをまいて火を付けたとみられる。同社の関連ウェブサイトなどによると、スタジオ内は床や壁に多くの木材が使われ、アニメ制作のため大量の紙類などが置かれていた。専門家は、揮発性のガソリンが室内に一気に充満し、爆発的に可燃物へ燃え広がった可能性を指摘する。
 東京理科大大学院の菅原進一名誉教授は「狭い空間内で『爆燃現象』が起こった」と指摘。1階から3階までらせん階段でつながっていたことを挙げ、「上階に向かい急速に火炎が上り、木材や紙、プラスチックなどを含んだ室内を一気に燃やしたことで、大量の黒煙を出したのだろう」と話した。
 公益財団法人市民防災研究所(東京都江東区)の坂口隆夫理事も、火の回りが早いことや、火を付けたとみられる男自身がやけどを負っていることから、ガソリンによる爆燃現象の可能性を指摘。「爆発でガラスが割れたことで外から新鮮な空気が入り、らせん階段が煙突の役割を果たしたことで、より急速に燃え広がったのでは」と分析した。
 スタジオ内ではらせん階段とは別の、屋上に向かう階段で多数の死者が出た。坂口氏は「有毒ガスを含む煙が充満していると、避難する人は視界が遮られ、意識ももうろうとしてくる。倒れていた人につまずくなどして折り重なり、後続の人も屋上にたどり着けなかった可能性がある」と語った。 

図解・社会

  • 事件・事故(消費者問題含む)
  • 警察・治安(交通・調査含む)
  • 情報・通信(調査含む)
  • 災害・気象(防災含む)
  • 裁判
  • 運輸・交通
  • 健康・医療・科学
  • 安全・危機管理(原発含む)
  • 教育・宇宙
  • 皇室
  • 環境・自然・文化
  • 軍・自衛隊
  • 調査・社会一般・その他
  • 企業不正・疑惑

新着

会員限定


ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ