図解

【図解・行政】一般会計税収の推移

一般会計税収の推移

2019年度税収、下方修正へ=3年ぶり赤字国債増発も

※記事などの内容は2019年11月15日掲載時のものです

 2019年度の国の税収が当初見込みの62兆4950億円から大幅に減る見通しであることが15日、分かった。米中貿易摩擦などの影響で日本企業の輸出が低迷する中、企業からの法人税収の下振れが主因。減額幅は1兆~2兆円規模になるとみられ、19年度補正予算案で3年ぶりに赤字国債が増発される見通しだ。
 長引く米中摩擦を震源とする世界経済の減速により、日本の製造業などの企業業績が悪化。今後は消費税率10%への引き上げに伴う個人消費の落ち込みも見込まれる。日本経済の停滞懸念は根強く、法人税を中心に税収が伸び悩む公算が大きい。 
 また、ソフトバンクグループの中核企業の上場に絡み、同社へ約4000億円もの還付金が発生した特殊要因も影響。19年度上半期の税収は16兆6966億円と前年同期に比べて4.6%(8026億円)落ち込んでいる。税収見通しの下方修正は16年度以来3年ぶりとなる。

図解・政治

  • 政府・政局・政党
  • 財政・税制
  • 行政(金融・経済産業)
  • 行政(防災・災害)
  • 行政(安保防衛・警察治安)
  • 行政(年金・社会保障)
  • 行政(観光・運輸交通)
  • 行政(通商・農林水産)
  • 行政(資源エネルギー・環境)
  • 行政(文教・厚生労働)
  • 行政(法務・司法)
  • 外交・国際会議
  • 行政一般(都・地方・その他)
  • 選挙
  • 不正・疑惑・その他

新着

会員限定

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ