図解

【図解・経済】太陽光パネルの世界出荷量シェア推移(2019年2月)

太陽光パネルの世界出荷量シェア推移

太陽光パネル、立て直し=電力買い取り終了見据え-大手電機

※記事などの内容は2019年2月4日掲載時のものです

 大手電機メーカー各社が太陽光パネル事業の立て直しを急いでいる。安価な海外製品に押されて苦境が続いていることが背景だ。再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度(FIT)」の終了を見据え、企業や家庭で売電から自家消費への切り替えが広がるとみられ、こうした動きに対応する。
 かつては国内メーカーが世界出荷量シェアの上位に名を連ねていた太陽光パネル。現在は、低価格を売りに海外勢が台頭し、2017年のシェアでは中国や韓国などのメーカーが上位5社を独占している。採算悪化を受け、パナソニックは18年3月、組み立て拠点の滋賀工場(大津市)を閉鎖。京セラも10月、国内の2工場の生産拠点を集約した。
 一方、各社とも19年以降のFIT終了をにらみ、ビジネス拡充に取り組んでいる。
 パナソニックは、太陽光パネルと蓄電池を設置する一般家庭向けにエネルギー管理システムの販売を強化。人工知能(AI)を搭載しており、天候に応じて効率的に充電できるのが売りだ。シャープもパネルを設置する世帯を対象に、蓄電池のメリットなどを伝える説明会をほぼ毎週開催している。
 京セラはリース大手の東京センチュリーと連携し、初期投資ゼロで太陽光発電システムを導入できるサービスを開始。京セラはパネルの設置費用などを負担するが、企業から毎月、発電量に応じたサービス料金を得ることができる。企業にとっては二酸化炭素排出量を減らせるメリットがある。京セラの担当者は「新たなサービスや商品を拡充し、収益改善につなげたい」と話している。

図解・経済

  • 経済総合・経済一般
  • 景気・マクロ経済・統計
  • マーケット・市況
  • 企業・産業全般
  • 金融・証券・保険
  • 製造業
  • 自動車・資源エネルギー
  • 建設・不動産
  • 食品・商業
  • サービス(情報通信・旅行など)
  • 農林水産・団体
  • 企業犯罪・不正問題

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ