アメリカ大統領の系譜~日米開戦から現代 写真特集

1/14

スクロールで次の写真へ

  フランクリン・D・ルーズベルト

 Franklin Delano Roosevelt(1882年1月30日~1945年4月12日)
 民主党。ニューヨーク州出身
 【在職期間】1933年3月4日~45年4月12日
 【主な出来事】
 〔日米開戦まで〕世界恐慌の克服に向けて大規模な公共事業を行うなどニューディール政策の開始(33年4月)。盧溝橋事件(37年7月)を発端に日中戦争が勃発。日独伊防共協定締結(37年11月)。ドイツ軍がポーランドに侵攻を開始して第2次世界大戦勃発(39年9月)。ドイツ軍がパリに無血入城(40年6月)。日独伊三国軍事同盟締結(40年9月)。
 〔日米開戦後〕 日本海軍がハワイ真珠湾を攻撃し、太平洋戦争始まる(41年12月)。日系アメリカ人、日本人移民に対する強制収容開始(42年2月)。イタリアが無条件降伏(43年9月)。連合国がノルマンディー上陸(44年6月)。ルーズベルト米大統領が4選(44年11月)。ルーズベルト米大統領、チャーチル英首相、スターリン・ソ連共産党書記長がヤルタ会談を開催(45年2月)。ルーズベルト米大統領が死去、トルーマン副大統領が大統領に昇格(45年4月) 【時事通信社】

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ