タイで日本人4人交通事故死 写真特集

1/4

スクロールで次の写真へ

 タイ中部アユタヤ県で起きた交通事故で、死亡した日本人4人が乗っていた車=2017年11月8日[救助関係者提供]【時事通信社】

 【バンコク時事】タイ警察などによると、中部アユタヤ県で8日午後3時40分(日本時間同5時40分)ごろ、ワンボックスカーが前方を走っていたトラックに衝突し、乗っていた日本人の男性2人、女性2人が死亡した。4人は日本から来た観光客で、7日にタイ入りしたばかりだった。
 死亡したのは本籍が福岡県の成本勝彦さん(65)と成本陽香さん(30)、本籍が京都府の米今久美子さん(59)、コメイマ・ヨシオさん(68)=漢字不明。
 同乗していたタイ人の女性ガイドも死亡、運転手は重体となっている。トラックの運転手は、左折しようとしたところ、ワンボックスカーが猛スピードで突っ込んできたと話している。警察によれば、ワンボックスカーは一部が炎上した。
 4人はバンコク方面からアユタヤ方面に向かっていたとみられる。バンコク北方約80キロのアユタヤは、14世紀から400年間にわたって栄えたアユタヤ王朝の都。歴史公園として整備され、世界遺産にも登録されており観光地として人気が高い。

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ