サントリー山崎蒸溜所 写真特集

1/13

スクロールで次の写真へ

 サントリー山崎蒸溜所は、京都、大阪の府境、天王山の麓にある。この地の良質な地下水、湿潤な気候が、芳醇(ほうじゅん)なウイスキーを生み出す。寿屋(後のサントリー)創業者である鳥井信治郎氏が、日本初のモルトウイスキー蒸留所建設に取り掛かったのは1923年。以来、「トリス」「角瓶」「オールド」「ローヤル」、さらにシングルモルト“山崎”などの銘柄を送り出してきた。(撮影=大阪支社・森瑞葉)
 写真は、サントリー山崎蒸溜所の貯蔵庫。蒸留された原酒が樽に詰められ眠りについている(大阪府島本町)(2012年05月22日) 【時事通信社】

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ