大塚家具再建問題 写真特集

1/30

スクロールで次の写真へ

 ヤマダ電機との提携について取材に応じる大塚家具の大塚久美子社長=2020年6月19日、東京都新宿区【時事通信社】

 経営再建中の大塚家具は2020年10月28日、大塚久美子社長(52)が退任すると発表した。12月1日付。長引く業績不振の責任を明確化するため、社長自ら辞任を申し出た。
 大塚家具の業績は、純損益が2020年4月期まで4期連続の赤字となり、同日開示した21年4月期予想でも28億9000万円の赤字を見込むなど不振が続く。ただ、今期は前期に比べ大幅な改善が見られており、久美子社長本人から「黒字化について道筋が付きつつある今のタイミングで、過去の業績について責任を明確にしたい」との申し出があり、取締役会で受理された。

関連記事

キャプションの内容は配信当時のものです
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ