豊洲市場のマグロ初競り 写真特集

1/26

スクロールで次の写真へ

 豊洲市場の初競りで1億1424万円の値が付いたクロマグロ。左から2人目はやま幸の山口幸隆社長=2024年1月5日、東京都江東区【時事通信社】
 東京・豊洲市場(江東区)で5日朝、新年恒例の初競りが行われた。クロマグロの競りでは、青森県大間産の1匹に1億1424万円の最高値が付いた。昨年の約3倍で、1億円を超えたのは新型コロナウイルス流行前の2020年以来、4年ぶり。
 マグロの競りは、午前5時10分に開始。例年、高値が付く大間産の中で最も大きい238キロ物が1番人気となり、1キロ当たり48万円と、過去4番目の高値となった。同日の国産天然マグロの入荷匹数は140匹で、前年の初競りより3割近く減少した。
 最高値のマグロは、4年連続で同市場の仲卸業者「やま幸」(山口幸隆社長)が落札。このマグロを選んだ理由について山口社長は「鮮度感と発色の良さ」と話す。やま幸に買い付けを依頼した「ONODERA GROUP」が都内などに展開するすし店「銀座おのでら」で提供される予定。

関連記事

キャプションの内容は配信当時のものです
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ