時事通信社が選ぶ10大ニュース(2022年)特集

【海外1位】
ロシアがウクライナ侵攻
 ロシアが2月24日、隣国ウクライナに軍事侵攻した。ロシアのプーチン大統領は米国主導の軍事同盟である北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大を非難し、侵攻はウクライナ東部の親ロシア派保護などを目的とした「特別軍事作戦」と正当化。ロシア軍の残虐行為や、プーチン氏が繰り返す核威嚇に国際社会は戦慄(せんりつ)した。
 圧倒的軍事力を持つとみられていたロシアは短期間での首都キーウ(キエフ)制圧に失敗。欧米の支援を受けるウクライナが反転攻勢を強め、占領地を相次ぎ奪還した。プーチン政権は9月、部分動員令を発出し、ウクライナ東・南部4州の「併合」を強行したが、劣勢が続く。両国軍の死傷者は計20万人以上との推計がある中、停戦交渉は頓挫しており、先行きは見通せない。
 写真は、ウクライナで破壊されたロシア軍の装甲車両=3月4日、ウクライナ・キーウ(キエフ)郊外ブチャ 【AFP時事】

写真特集

  • 1

新着

会員限定


ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ