「モンスター」井上尚弥 写真特集

 バンタム級世界主要4団体王座統一戦の11回、ポール・バトラー(左下、英国)をKOで下し、跳び上がって喜ぶ井上尚弥=2022年12月13日、東京・有明アリーナ[代表撮影]【時事通信社】
 プロボクシングの世界バンタム級タイトルマッチ12回戦は13日、東京・有明アリーナで行われ、3団体王者の井上尚弥(大橋)が、世界ボクシング機構(WBO)王者のポール・バトラーを11回1分9秒、KOで下し、日本選手初の世界主要4団体統一チャンピオンとなった。4団体全てが世界的に認められた2004年以降9人目で、同級では初めて。

関連記事

キャプションの内容は配信当時のものです

写真特集

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ