1980年代 「夏の球児」 写真特集

           仙台育英(宮城) 大越基投手


  3年の春夏に出場。夏の第71回大会で決勝まで進み、東北に初の優勝旗をもたらすかと期待された。6試合をオール完投。何より球に力があった。準々決勝では優勝候補と言われた上宮(大阪)を力でねじ伏せ、元木大介(のち巨人)も1安打に抑えた。3回戦の弘前工(青森)戦では自ら本塁打。決勝で帝京(東東京)に惜敗した。早大を中退、米国に渡った後、ドラフト1位でダイエーに入団。(1989年08月撮影) 【時事通信社】

写真特集

話題のニュース

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ