サッカー米代表指揮官解任、コパ・アメリカでGL敗退

配信

【ロサンゼルスAFP=時事】米国サッカー連盟(USSF)は10日、コパ・アメリカでのグループリーグ敗退を受け、グレッグ・バーハルター監督(50)を解任した。(写真は、パナマ代表とのコパ・アメリカのグループステージの試合に敗れ、落胆する米国代表のグレッグ・バーハルター監督)

 連盟は声明で、昨年指揮官に復帰したばかりバーハルター氏が、その職務から「即時」解任されたと発表している。

 米国代表はコパ・アメリカの初戦でボリビアに勝利した後、パナマとウルグアイに敗れた。コパで開催国がグループリーグ敗退を喫したのは史上初めてで、元選手や解説者、ファンからは解任を求める声が広がっていた。

 米国は2026年にカナダ、メキシコと共催する北中米W杯を控えており、今大会は国内でサッカーの魅力を広げる絶好の機会とみられていた。

 連盟はすでに後任人事に着手している。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワールドEYE

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ