• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

円急伸、一時157円台 米物価の伸び鈍化で

配信
1ドル=157円台に急伸した円相場を示すモニター=11日夜、東京都中央区

1ドル=157円台に急伸した円相場を示すモニター=11日夜、東京都中央区

 【ニューヨーク、ロンドン時事】11日午前のニューヨーク外国為替市場では、6月の米消費者物価指数(CPI)の伸び率が3カ月連続で縮小したことを受けて円買い・ドル売りが一気に強まり、円相場は1ドル=157円台に急伸した。一時157円40銭付近と、6月中旬以来約3週間ぶりの高値水準を付けた。午前10時現在は、158円50~60銭と前日午後5時比3円13銭の大幅な円高・ドル安。

円急騰、政府が為替介入か 神田財務官「コメントする立場でない」

 米労働省が11日発表したCPIの上昇率は、前年同月比3.0%と市場予想の3.1%を下回った。米連邦準備制度理事会(FRB)が9月にも利下げに踏み切るとの観測が強まり、米長期金利が急低下。日米の金利差縮小を意識した円買い・ドル売りが進んだ。

 市場では急激な円高・ドル安の動きを受けて、日本政府・日銀による為替介入観測が浮上。市場関係者は「介入の可能性を完全には否定できないものの、円が上昇していたタイミングで追い打ちをかけるとは考えにくい」と語った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ