• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

円急騰、政府が為替介入か 神田財務官「コメントする立場でない」

配信
円相場の急騰を受けて記者団の取材に応じる財務省の神田真人財務官=11日夜、同省

円相場の急騰を受けて記者団の取材に応じる財務省の神田真人財務官=11日夜、同省

 6月の米消費者物価指数(CPI)の伸びが鈍化したことを受け、11日夜の外国為替市場では、円相場が1ドル=161円台半ばから一時157円40銭台に急騰する場面があった。日本政府・日銀が円買い・ドル売り介入を実施した可能性が出ている。財務省の神田真人財務官は同日夜、介入の有無について「何もコメントする立場ではない」と語った。財務省内で記者団の質問に答えた。

円急伸、一時157円台 米物価の伸び鈍化で

 神田氏は、円相場は年初来約20円の大幅な円安が進行してきたと説明した上で、「国民に対する悪影響は決して無視できない」と強調。「(経済の)ファンダメンタルズ(基礎的条件)と違った動きがかなり気になる」とも指摘し、投機的な動きをけん制した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ