• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

柴原組は準々決勝敗退 ウィンブルドンテニス

配信

 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第11日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、混合ダブルス準々決勝で柴原瑛菜(橋本総業)ナサニエル・ラモンズ(米国)組はウルリケ・アイケリ(ノルウェー)マクシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)組に敗れた。4―6、6―3からのマッチタイブレークで9―11と競り負けた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ