• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

円急伸、一時157円台半ば 米物価指数の低下受け―ロンドン市場

配信

 【ロンドン時事】11日午後のロンドン外国為替市場の円相場は、一時1ドル=157円台半ばに急伸した。6月の米消費者物価指数(CPI)の低下を受け、米早期利下げ観測が再燃。日米金利差が縮小するとの見方から、円買い・ドル売りが加速した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ