• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

中日、痛恨の逆転負け プロ野球

配信
延長10回、サヨナラの適時打を打たれた中日の斎藤(左)=11日、横浜

延長10回、サヨナラの適時打を打たれた中日の斎藤(左)=11日、横浜

 中日が痛恨の逆転負けを喫した。1点リードの九回。守護神マルティネスが2死からつかまり同点とされると、延長十回に斎藤が打たれてサヨナラ負け。立浪監督は「ライデル(マルティネス)もやられることはある。それはしょうがない」と語った。

 悔やんだのは攻撃陣について。1点を追う四回に2得点して試合をひっくり返したが、その後は好機をつくりながらも追加点を挙げられなかった。「やっぱり最後、こういうゲームになってしまった。嫌な負け方だが、切り替えていくしかない」と前を見据えた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

野球

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ