• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

米消費者物価、3.0%上昇 予想下回る、前月比はマイナス―6月

配信

 【ワシントン時事】米労働省が11日発表した6月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比3.0%上昇した。伸び率は3カ月連続で縮小し、市場予想も下回った。インフレ鈍化基調が確認されたことで、市場では米連邦準備制度理事会(FRB)が9月会合で利下げを決めるとの観測が強まりそうだ。

NY株、続伸 ナスダックは8営業日ぶり急反落

 CPIは前月比では0.1%低下した。変動の激しい食品とエネルギーを除いたコア指数は前年同月比3.3%上昇で、伸び率は前月から小幅縮小した。インフレ圧力の減退が示された形だ。

 項目別では、コロナ禍を背景とした供給不足により値上がりしていた中古車・トラックが前年同月比10.1%の大幅低下。一方、サービス価格(エネルギー関連を除く)は5.1%上昇と、引き続き高い伸びを示した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ