• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

本多「笑顔で帰ってきたい」 五輪事前合宿地へ出発―競泳男子

配信
出国を前にパリ五輪に向けた意気込みを語る競泳男子の本多灯=11日、羽田空港

出国を前にパリ五輪に向けた意気込みを語る競泳男子の本多灯=11日、羽田空港

 パリ五輪の競泳日本代表で、男子200メートルバタフライの本多灯(イトマン東進)が11日、出国前に羽田空港で取材に応じ、「金メダルを目指して、1分51秒台を出して、笑顔で帰ってきたい」と語った。

 「無邪気な感じでレースに臨んでいた」という2021年東京五輪は初出場で銀メダル。そこから3年。世界選手権で優勝するなど成長を見せてきた。

 今後は直前合宿地のフランス・アミアンで最終調整し、本番に備える。「まずは(現地の環境に)慣れることが一番。どう一日を過ごしていくかイメージしている。焦らずにやっていきたい」と泰然と構えた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ