• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

キヤノン、部品再利用率95%程度のカラー複合機 業界最高水準、7月下旬から投入

配信

 キヤノンは11日、使用済み複合機の部品を再利用した再生カラー複合機の全2機種で、業界最高水準となる94~96%の再利用率(重量ベース)を達成したと発表した。7月下旬から国内向けに順次発売する。使用済みの複合機を分解、洗浄した部品を使用しており、環境配慮意識の高い事業者向けに展開する。 

 キヤノンは、製品の開発段階から使用後の再利用を見越して設計。同一クラスであれば異なる機種の部品も使えるようにして再生複合機における部品再利用率を高める取り組みを進めてきた。新たに市場投入する2機種の再利用率は、約95.5%(従来機種約94.3%)と約94%(同84%)。本体価格は、未使用の部品を使った新品に比べると7割程度に抑えたという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ