• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

中日の高橋周、鮮やか同点打 プロ野球

配信
4回、同点の適時打を放つ中日の高橋周=11日、横浜

4回、同点の適時打を放つ中日の高橋周=11日、横浜

 中日の高橋周が鮮やかな同点打を放った。1点を追う四回1死一、二塁。平良の低めの変化球をうまく拾うと、打球は中前へ。続く石橋の勝ち越しスクイズにつなぎ、「打ったのはシンカーだと思う。何とか走者をかえせてよかった」と喜んだ。

 開幕から3番三塁で攻守に活躍したが、4月中旬に右ふくらはぎを痛めて戦列を離脱。6月に復帰してからは福永の好調もあり、ベンチスタートに甘んじることも多かった。立浪監督は「チームの浮上に必要な戦力」と期待。プロ13年目の夏に、巻き返しを期している。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ