• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

韓国、レーザー兵器を配備へ 北朝鮮の無人機対策

配信
韓国国旗(AFP時事)

韓国国旗(AFP時事)

 【ソウル時事】韓国の防衛事業庁は11日、レーザー対空兵器の開発に成功し、量産を始めると発表した。年内に韓国軍に配備する。北朝鮮による小型無人機を使った挑発への対応能力を高める。

正恩氏、兵器生産を視察 新型放射砲の車両運転―北朝鮮

 同庁によると、新兵器は飛行する小型無人機にレーザーを10~20秒照射。700度以上の熱を加え、内部の機器を破壊する。既存の対空兵器と異なり、弾の落下による住民被害の懸念がない。照射1回の費用は約2000ウォン(約230円)と安価とされる。

 国防科学研究所と防衛装備大手ハンファエアロスペースが2019年から「スターウォーズプロジェクト」と称し開発を進めてきた。実験では目標命中率が100%だったといい、防衛事業庁が今年6月に同社と量産契約を締結。同庁は「レーザー兵器の初配備で、北朝鮮の無人機へのわが軍の対応能力が高まる」と強調した。

 北朝鮮は22年12月にソウルなど韓国首都圏に無人機を侵入させており、対策が重要な課題となっていた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ