トレンガヌ州で浮体式太陽光発電所開発計画 テナガなどが覚書―マレーシア

配信
覚書交換式を見守るアンワル首相(後列中央)ら=10日、マレーシア・トレンガヌ州(サイパーク提供)

覚書交換式を見守るアンワル首相(後列中央)ら=10日、マレーシア・トレンガヌ州(サイパーク提供)

 【クアラルンプール時事】マレーシアの環境エンジニアリング会社サイパーク・リソーシズは、トレンガヌ州で10日開催した太陽光発電所の開設式典に合わせ、同州の浮体式太陽光発電所開発に関して2件の覚書が交わされたと発表した。
 1件目は、政府系電力会社テナガ・ナショ…

最終更新:

関連記事

こんな記事も

海外ビジネスニュース

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ