• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

伊藤環境相「解決に向け前進したい」 水俣病被害者との再懇談終了

配信

 水俣病被害者団体と伊藤信太郎環境相との再懇談は11日、3日間の日程を終えた。伊藤氏は同日、熊本県水俣市内で記者団に「再懇談は第一歩。信頼関係をさらに深めて、水俣病問題の解決の方向へ前進したい」と述べた。

「マイク切り」問題の室長異動 水俣病団体との懇談―環境省

 2年以内をめどに開始を検討するとした水銀による健康影響調査については、「医学の進歩、知見の高まりを活用し、客観的な方法で実施する」と話した。

 再懇談は被害者団体と伊藤氏との懇談の場で環境省職員がマイクを切った問題を受け、今月8、10、11日に実施。伊藤氏は、漁船などの歴史資料を展示する「水俣病歴史考証館」の視察なども行った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ