• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「レベル4」実現へ実証 自動運転トラックで―佐川急便など

配信

 トラックの自動運転システムを開発するT2(東京)や佐川急便などは11日、特定の条件下で完全自動運転する「レベル4」に対応した輸送の実現に向け、高速道路で実証実験を始めると発表した。トラック運転手の残業規制強化に伴い、輸送力低下が懸念される「2024年問題」に直面する中、輸送力の確保とドライバー不足への対応を目指す。

【特集】「何でもできる」感動も、ヒヤリ連発 テスラ「自動運転」車に乗ってみた

 実証実験には、セイノーホールディングス(HD)も参加し、期間は10月から来年6月まで。東名や新名神など東京―大阪間にある高速道路の一部区間で、T2が開発した自動運転トラックに荷物を載せて実証する。佐川急便とセイノーHDは、物流拠点や積載する荷物などを提供する。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ