マレーシア中銀、政策金利を据え置き 7回連続―インフレ見通し維持・マレーシア

配信

 【クアラルンプール時事】マレーシア中央銀行は11日、2024年第4回の金融政策委員会を開き、翌日物基準政策金利(OPR)を現行の3.00%に据え置くことを決めた。昨年5月にOPRを0.25%引き上げたが、その後は今回を含め7回連続で据え置いた。
 中銀は声明…

最終更新:

関連記事

こんな記事も

海外ビジネスニュース

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ