• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

NATOとインド太平洋の連携評価 バイデン政権下で活性化―駐日米大使

配信
取材に応じるエマニュエル駐日米大使=11日、東京都港区

取材に応じるエマニュエル駐日米大使=11日、東京都港区

 エマニュエル駐日米大使は11日、米首都ワシントンで開催中の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議について、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのインド太平洋4カ国の首脳がパートナー国として3年連続で招待された「画期的な会合だ」と評価した。東京都内で記者団に語った。

「好戦的で偏見だらけ」 中国、NATO共同宣言に反発

 中国や北朝鮮による支援がロシアのウクライナ侵攻を「長期化させている」と主張。欧州とインド太平洋の連携強化が進む背景には、両地域の友好国同士が脅威を共有するようになったことがあるとの見方を示した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ウクライナ情勢

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ