• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「好戦的で偏見だらけ」 中国、NATO共同宣言に反発

配信
中国外務省の林剣副報道局長=3月20日、北京(EPA時事)

中国外務省の林剣副報道局長=3月20日、北京(EPA時事)

 【北京時事】米ワシントンで開催された北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の共同宣言を巡り、中国外務省の林剣副報道局長は11日の記者会見で「強烈な不満と断固反対」を表明した。中国によるロシア支援への批判が盛り込まれた宣言を「好戦的で、偏見と挑発に満ちている」と非難。NATO側に抗議したと明らかにした。

中国の対ロ支援、停止要求 ウクライナに7兆円拠出―NATO

 林氏は「ウクライナ問題において、NATOは米国が捏造(ねつぞう)した虚偽情報を広め、中国と欧州の協力を損なっている」と主張。在欧州連合(EU)中国代表部も11日、宣言に反論する報道官談話を発表し、中国はドローン(無人機)を含む軍民両用品の輸出を「常に厳格に管理してきた」として、ロシアへの武器提供を否定した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ