• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

改憲条文化、自民の集約難航 議員任期延長、衆参で対立

配信
記者団の取材に応じる自民党の中谷元氏=11日、東京・永田町の同党本部

記者団の取材に応じる自民党の中谷元氏=11日、東京・永田町の同党本部

 自民党は11日、憲法改正発議に向けたワーキングチームの会合を党本部で開いた。衆院側は改憲テーマとして有力視する大規模災害発生時の国会機能維持に関し、議員任期延長を主張。参院側は現行憲法が規定する参院の「緊急集会」活用を訴えて慎重な姿勢を示し、衆参の主張の違いが鮮明になった。

岸田首相、改憲へ決意 安倍氏死去2年で集会

 会合で衆院憲法審査会の与党筆頭幹事を務める中谷元氏は、自然災害や武力攻撃によって国政選挙の実施が困難な場合、議員任期を最長1年延長できる案を説明。これに対し、参院側は「緊急集会で対応できる。参院の存在意義にも関わる」などと反論した。

 岸田文雄首相は自民党総裁任期中の改憲を掲げている。9月に想定される総裁選を控え、保守層にアピールする狙いとみられるが、参院側には「政治とカネでもめている時に、議員任期延長が支持層に認められるのか」(石井準一参院国対委員長)との意見もある。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ