• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

AI、脱炭素で連携深化 日・アラブ連盟が閣僚会合

配信

 日本とアラブ連盟(21カ国・1機構)は11日、東京都内で閣僚会合を開いた。技術革新が急速に進む人工知能(AI)や脱炭素化に向けたクリーンエネルギー、資源開発などの分野で経済協力の方向性を議論。アラブ諸国と官民で連携を進め、「新たな課題を含め、経済関係を深めていく重要性で一致した」とする共同文書を発表した。

生成AI特許出願、中国7割占める 日本は4位―14~23年

 会合には上川陽子外相と斎藤健経済産業相、アラブ連盟のアブルゲイト事務総長らが出席。脱炭素化や経済安全保障、資源開発といった分野を通じた「持続可能で強靱(きょうじん)な開発」などについて討議した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ