• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

岡沢セオン「金メダル取りたい」 パリ五輪代表が抱負―ボクシング

配信
ポーズを取るボクシング男子の岡沢セオン(左)と原田周大=11日、東京都北区

ポーズを取るボクシング男子の岡沢セオン(左)と原田周大=11日、東京都北区

 ボクシング男子のパリ五輪代表選手2人が11日、東京都内で記者会見に臨み、2大会連続で出場する71キロ級の岡沢セオン(INSPA)は「金メダルを取りたい。たくさん目立てるといい」と抱負を述べた。

 岡沢は東京五輪後に行われた2021年の世界選手権で、日本勢初優勝を遂げた一人。メダルの期待がかかり、「(前回大会から)3年間のうち、たった2週間を試されるのが五輪。ピーキングを意識したい」と気を引き締めた。 

 57キロ級の原田周大(専大)は練習のため、岡沢と一緒に外国を渡り歩いてきた。「海外の選手に慣れてきた」と手応えを得ており、「目標はメダル。初出場だけど、挑戦する気持ちで結果を残したい」と意気込んだ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ